前回サンプルレシピを紹介した、カツレツ入りウムルですが構築とプレイングが固まって来たのでデッキレシピと戦術を紹介したいと思います。純正のウムルとは少し構築が違うと思います。
(9/22追記)
新たに3止めウムルのデッキレシピを公開しました、良ければ参考にしてください。
3止めカツレツウムルのデッキレシピと戦術解説

●デッキコンセプト
《ロスト・テクノロジー》で相手のライフクロスを割り、《コードアンチ メガトロン》や《創造の鍵主 ウムル=フィーラ》の能力で相手のシグニをバニッシュし、《烈情の割裂》を使い一気にアドバンテージ差を付け押し切る。
現状では、相手の場にシグニ無し+ライフクロス0枚+エナ4枚の状態+相手のルリグがウムル以外、またはトラッシュが21枚以下(9/1追記)の状態でパワー9000以上のシグニを含む3体でアタックすれば《全身全霊》で《修復》などをライフクロスに入れない限り勝利が確定します。

今回のデッキでは、12人参加の大会で2勝2敗の微妙な成績でした。
ウムルは動きが特殊なので、私の解説が間違っている可能性があります。なので何かおかしい部分があればご指摘いただけると嬉しいです。

wxpv0828_1407821072

デッキレシピ

●ルリグデッキ
《創造の鍵主 ウムル=ノル》*1
《創造の鍵主 ウムル=エット》*1
《創造の鍵主 ウムル=トヴォ》*1
《創造の鍵主 ウムル=トレ》*1
《創造の鍵主 ウムル=フィーラ》*1
《アンシエント・サプライズ》*1
《チャージング》*3
《サルベージ》*1

●メインデッキ
《コードアンチ アステカ》*3…《ロストテクノロジー》のコスト確保用
《コードアンチ メガトロン》*2…除去要員
《コードアンチ キティラ》*4…トラッシュ肥やしと手札増強を同時に行える
《コードアンチ パルベック》*4…《ロスト・テクノロジー》のコスト確保用
《ロスト・テクノロジー》*4…ライフクロス2枚割れるのは強い
《烈情の割裂》*3…好き放題荒らした後に相手のエナを減らす

●メインデッキ【ライフバースト】
《サーバント O》*4
《サーバント D》*4
《サーバント T》*2
《コードアンチ テキサハンマ》*4…アステカで釣り上げる要員、キティラで落ちても強い
《コードアンチ コスタリク》*2…レベル3になる際に釣り上げて1面開けてアタック
《コードアンチ パルテノ》*2…ライフバーストも強力、あまり殴り合わないので優先度低め
《SEARCHER》*2…《ロスト・テクノロジー》《烈情の割裂》をサーチ

プレイングガイド

●はじめに
今回紹介するウムルデッキはコンボ型のデッキとなっております。
安定はしませんが、《ロスト・テクノロジー》から《烈情の割裂》までがしっかり決まれば一気に勝負をつけることが出来ます。
コンボデッキの性質上、ハンデスを有する青に対しては不利ですが、そこまで絶望的では無いと感じました。一気にライフクロスを0枚まで持っていけるので、どんなデッキに対してもチャンスのあるデッキです。
ただし、かなりパーツが高額なのでお財布には優しくないです。プレイングの難易度も高めだと思います。

コンボに関しては前のサンプルレシピ紹介にて解説しているので参考にどうぞ→カツレツ入りウムルデッキのサンプルレシピ

●マリガン基準
このデッキのマリガン基準は《ロスト・テクノロジー》《コードアンチ キティラ》《コードアンチ アステカ》を各1枚キープして他は戻しています。コンボの始動に重要なパーツを残しましょう。あまり欲張ってコンボパーツを残しすぎると、相手のシグニの攻撃を防げずに負けてしまう事もあるので、注意しましょう。
マリガンは好みもあるので、思った通りに戻すのが良いと思います。

●序盤~中盤の動き方
ウムルはルリグLv1のリミットが1と少なく、序盤は一気にライフクロスが割られてしまいます。しかしダメージの差が4枚ほどあっても《ロスト・テクノロジー》で一気に巻き返す事が出来るので焦らずに攻めましょう。LV3のウムルにグロウした際にエナが余っていて《コードアンチ コスタリク》がトラッシュに存在するならば、出現時効果で場に戻し相手のパワー5000以下のシグニをバニッシュして1点通す事が出来るのも覚えておきましょう。
私はLv4にグロウする時に相手のライフクロスが4枚になるのを目標に攻めています。

●後半の動き方
後半は、エナが充分に貯まっているならば《ロスト・テクノロジー》で一気に相手のライフクロスを破壊し、シグニを出来る限りバニッシュして《烈情の割裂》を使い一気に勝負に出ましょう。
先攻を取った場合、相手のルリグがLv3の時点でライフクロスを0枚にして、《烈情の割裂》を使えばかなりの確率で勝利することが出来ます。

●青相手の動き方
青にはハンデスが有るため、コンボにこだわらず打てる時に《ロスト・テクノロジー》を打つのが良いと思われます。《アンチ・スペル》を搭載しているデッキだと《ロスト・テクノロジー》が止められてしまいかなりの苦戦を強いられます。ウムルでは青デッキを相手にするのはかなり不利だと思います。

最後に

ウムルは解禁されてからまだ時間が経っていない為、まだまだ研究の余地があるデッキタイプです。
なので、いろいろと構築やプレイングを考えてみるのが良いと思います。もし面白い構築などがあれば教えていただけると嬉しいです。私もプレイングなどを改善し9月のウィクロスパーティーでコングラ《アンチ・スペル》を取れるよう頑張りたいと思います。
いつも通り長文となりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。