月刊ビックガンガン10月号の付録で登場したアーツ《デス・ブーケトス》と《幻獣神 オサキ》を組み合わせた、ソリティア色の強いコンボデッキです。《幻獣神 オサキ》を3体並べ緑スペルを連打しエナをチャージし《デス・ブーケトス》を複数枚発動し、自分のデッキをリフレッシュさせ、その後《大器晩成》を打って詰め切ります。

相手のライフバーストによっては詰め切れない場面があることと、《先駆の大天使 アークゲイン》が相手の盤面に存在すると、《大器晩成》でシグニをトラッシュに送れなくなるため、セイリュベイアを搭載するハイブリット型となっております。デッキレシピは続きを読むから参照できます。
《デス・ブーケトス》
種別:アーツ 色:黒 コスト:【黒】(3)
このターン、あなたがリフレッシュをしたとき、それがこのターンであなたの最初のリフレッシュである場合、対戦相手のライフクロスを1枚をクラッシュする。

BxauxXjCcAAB0PR

デッキレシピ

デッキ名: ブーケトスオサキ
作成者: ニエ@wixoss
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《闘娘 緑姫》
1×《一ノ娘 緑姫》
1×《二ノ娘 緑姫》
1×《三型雌々娘 緑姫 》
1×《四型緑姫》
【アーツ】
1×《大器晩成【ビッグバン】》
1×《再三再四》
2×《デス・ブーケトス》
1×《サルベージ》
メインデッキ
【シグニ】
4×《幻獣 ヒャッコ》
4×《幻獣 ミャオ》
2×《幻獣 ベイア》
4×《サーバント O2》
【スペル】
2×《増援》
4×《豊潤》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
4×《幻獣 コマリス》
4×《幻獣神 オサキ》
4×《幻獣 セイリュ》
4×《サーバント O》
【スペル】
4×《サクリファイス・スラッシュ》

このデッキの戦い方

序盤は《幻獣 コマリス》の能力でパワーを上げ《幻獣 ヒャッコ》と《幻獣 ミャオ》の効果を確実に発動しエナを増やしつつ、ダメージを稼いで行きましょう。《デス・ブーケトス》を発動するタイミングで相手のライフクロスを4枚以下にしなければ詰め切れないので、相手のライフクロスを4枚にすることを目指して攻撃していきます。
(デス・ブーケトス2枚発動で、2枚クラッシュし残りの2枚をシグニでクラッシュして、とどめを刺すので)
マリガンをする際は《幻獣 ミャオ》と《幻獣神 オサキ》を優先して残しましょう。

レベル4緑子にグロウした時点で、相手のライフクロスが4枚以下ならコンボを狙いましょう。
レベル4にグロウする時点での山札は最高で残りは20枚です。(初期手札5+ライフクロス7+1ターン目ドロー1または2+2ターン目ドロー2+3ターン目ドロー2、オサキ効果1+4ターン目ドロー2)
まず、優先されるのはオサキを盤面に2体以上並べることです。
オサキの出現時能力を使い、オサキと緑スペルをエナゾーンから回収しつつ、《デス・ブーケトス》が2枚発動でき、尚且つ緑スペル1枚でデッキをリフレッシュさせれる状況を目指します。
後は《デス・ブーケトス》2枚発動→デッキリフレッシュ→相手のライフクロス2枚クラッシュ→《大器晩成》→シグニ3体アタックで相手のライフバーストで妨害されなければ勝つことが出来ます。

コンボの詳細を省略してますが、かなり多くのパターンがあるので、盤面と手札によって最適な動きが出来るようソリティアの練習をするのが使いこなす近道だと思います。

このデッキの弱点と改善案

コンボが途中で失敗してしまい、返しのターンに《烈情の割裂》を打たれると目にも当てられない状況になります。
後は、ライフバーストが弱めなので花代爾改デッキなどが相手だとレベル4にグロウする前に負けてしまうこともあります。
その他のデッキに対しては5分はとれそうな感じです。最近流行りのイオナ相手にも良い勝負をすることができます(イオナはレベル1がリミット1なので、ライフクロスを減らしやすいので詰めやすい)

このレシピは緑ランサーとのハイブリット型ですが《デス・ブーケトス》を3枚にし、セイリュベイアを抜いて、コンボに特化する構成にすると、有利な相手には勝てる可能性が高くなります。自分の参加するショップの環境に合わせて構築を変えるのが良いと思います。

最後に

いつもどおり長文になってしまいましたが、ここまで読んで頂いてありがとうございます。
《デス・ブーケトス》は現状かなり使いにくいですが、オサキとは好相性なので組み合わせるのがオススメです。
次回はエルドラかイオナのデッキを紹介したいと思います。